• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

株式会社良品計画 様戻る

USBメモリ管理の強化が社員の意識向上に
情報セキュリティ対策ツールがエコ活動にも効果

手計 紀子様
株式会社良品計画様は、USBメモリによる情報漏洩対策強化を目的に、700ライセンスの「SKYSEA Client View」を導入いただきました。
「SKYSEA Client View」を運用されている運用管理課は、システム構築の企画・開発・運用管理および、社員への教育、セキュリティ対策の立案・管理からOA環境の運用管理まで、多岐にわたる幅広い業務を担当されています。導入後の情報セキュリティ対策への取り組みや活用効果について、情報システム担当 運用管理課 手計 紀子様にお話を伺いました。

(2010年10月取材)

導入までの経緯

USBデバイス管理機能搭載と利用者のことを考えたUIが導入の決め手

当社は、全国の店舗の様子や商品の物損などの状況を、写真を添付して報告するため、写真データの持ち運びのために、どうしてもUSBメモリなどのUSBデバイスを使用する必要があります。しかし、USBデバイスは可搬性が高く便利な反面、紛失などのリスクがあり、適切な情報セキュリティ対策を講じる必要性を感じていました。
そこで数年前から情報セキュリティ対策ソフトウェアの導入を検討し、数社の製品をテスト導入しましたが、いずれも当社の要求を満たすものではありませんでした。選考が難航する中、当社システムの導入から、メンテナンスまでの全般にわたって対応いただいている販売店から、「SKYSEA Client View」を紹介されました。
こちらの要望だった「ツールのインストールにシステム権限が必要ない」ことなど、条件を満たしていたことはもちろん、導入の決め手として最も惹かれたのは、UIがとてもよく考えて作られている点でした。見た目の表面的なデザインだけでなく、なるべく専門的な言葉を使わないよう配慮されているなど、初めて見たときも「求めている機能がどこにあるのか」「アイコンをクリックすると、どんな挙動をするのか」が、すぐにわかりました。実際に導入してからも、あらためて使いやすさを実感しています。
導入の主目的だったUSBデバイス管理機能は、「SKYSEA Client View」が情報セキュリティ対策ソフトウェアの中で、最も早く搭載されたと伺いました。こうしたユーザが求める機能を、いち早く搭載する対応の早さも、この先、新たな課題に直面した際にも安心感が持てるという点で、大切な要素だと感じました。

導入効果 各部署のソフトウェア利用状況を正確に把握
これまでは、USBメモリの利用状況を正確に把握することができていませんでした。しかし、「SKYSEA Client View」を導入したことで、利用状況を簡単に把握できるだけではなく、利用を制御することもでき、とても助かっています。当社では全社的にUSBメモリを許可なく利用することを禁止していますが、業務上の理由で利用しなければならない場合があります。このとき、USBメモリをクライアントPCに接続すると、データの取り扱いに十分な注意を促すメッセージを表示するよう設定しています。このメッセージにより、USBメモリの利用に関しても、ログを取得していることが自然と周知され、社員の注意意識が格段に向上しています。
当社で導入後も「SKYSEA Client View」は何度かバージョンアップを繰り返し、USBデバイス管理に関する機能がさらに充実していますが、今のところ現状のバージョンでとても満足しています。いま搭載されているUSBデバイス管理機能だけで、当初の導入目的は十分に達成できています。
USBメモリの管理以外に、これまで手作業で行っていた情報資産管理を自動化することも、目的としていました。これまではクライアントPCの入れ替えや使用者変更など、資産情報の変更を逐一把握するために、大変な手間と時間をかけていました。しかし、「SKYSEA Client View」の導入後は、自動的に資産情報が収集できるので、常に最新情報をもとに管理できるようになり、管理工数の大幅な削減につながりました。

機能メニュー:機能ごとにわかりやすく整理したアイコンをクリックして、目的の機能をすぐに起動
導入効果 省電力にも効果
当社では、情報セキュリティの強化とともにエコ活動にも力を入れています。「WH運動」“良い事は2倍。ムダは半分。”という取り組みを行っています。しかし、従来の習慣を変えるのは難しく、離席時にはモニターの電源をOFFするように呼びかけてもなかなか実行されず、対策に苦慮していました。
そこで、「SKYSEA Client View」に搭載されている省電力支援機能を活用し、クライアントPCで一定時間操作が行われなくなると、モニターの電源が強制的にOFFになるよう設定しました。情報セキュリティ対策ツールが、会社として取り組んでいる環境への配慮にも役立ったことは、導入前には予想していなかった意外な効果でした。 省電力設定画面:省電力支援機能では、詳細な設定が可能。必要に応じて、各設定項目の時間変更ができます

株式会社良品計画様のご紹介

株式会社良品計画様写真

株式会社良品計画様は、「無印良品」を中心とした専門店事業の運営/商品企画/開発/製造/卸しおよび販売を行われています。
主力として展開されている無印良品は、「わけあって、安い」をキャッチフレーズとして、「安くて良い品」として開発されました。生活の基本となる本当に必要なものを、本当に必要なかたちでつくることを目指し、素材を見直し、生産工程の手間を省き、包装を簡略化されました。シンプルで美しい商品は、時代を超え、国を超え、多くの人々に支持されています。2010年2月末現在、無印良品は国内で339店舗、海外では17の国と地域で115店舗を展開されています。

http://ryohin-keikaku.jp/
トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み