• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

情報セキュリティ対策で知っておきたい5つのポイント

情報セキュリティ対策の大原則は“先手”を打つこと

万全な情報セキュリティ対策を実施するには、一定の人員・費用・時間などさまざまなコストが必要です。しかし、情報セキュリティ対策を先延ばしにしてしまうと、大きなリスクを抱えることになります。リスクに備えた情報セキュリティ対策への先行投資を行わなかったことで、結果的にそのコスト以上の経済的損害を被る場合もあります。

もし、情報セキュリティ対策が行き届かず、機密情報の漏洩などの情報セキュリティ事故が発生した場合、直接的な損害だけでなく信頼の低下など広い範囲に影響があります。こうしたリスクを回避するため、情報セキュリティ対策を講じることで事故を未然に防ぐことが大切です。また、事前に情報セキュリティ対策を行うことによって、事故が発生したとしても情報流出経路の特定や、再発防止策の構築をスムーズに進められるという利点があります。

情報セキュリティ対策を担当されている管理者の方は、情報セキュリティ対策に関する技術が常に進化していることをご存知だと思います。しかし同時に、不正行為なども巧妙化しています。また、USBメモリやスマートフォンの普及など、IT環境の変化により新たなリスクが顕在化することもあります。そのため、情報セキュリティ対策への取り組みは、できるだけ早く着手し、その時々の社内状況やトレンドに合わせて、体制の強化や新技術の導入を行っていくことが理想です。

「SKYSEA Client View」はメルマガや冊子などを通して、ご導入いただいたお客様に情報セキュリティ対策に関する最新情報をご提供するとともに、保守契約いただいたお客様には、メジャーバージョンアップも含めた最新版ソフトウェアの提供を行っています。それは、進化を続けるIT環境に迅速に対応し、運用しながら改善を重ねるというPDCAサイクルを実現することが、理想的な情報セキュリティ対策だと考えるからです。こうしたことからも、情報セキュリティ対策は“先手を打つこと”が大原則であると感じていただけるのではないでしょうか。

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み