• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

情報セキュリティ対策で知っておきたい5つのポイント

情報セキュリティ対策の運用をサポートする「SKYSEA Client View」

情報セキュリティ対策を適切に行うだけでなく、管理者の負担軽減にも役立つのが、情報セキュリティ対策ソフトウェアです。当社の「SKYSEA Client View」は、情報セキュリティ対策の運用をサポートし、管理者の負担を軽減するさまざまな機能を搭載しています。

社内の情報セキュリティ対策に対する意識を高め、セキュリティポリシーの運用を徹底するためには、多くのIT資産を適切に管理し、操作ログなどから使用状況を把握した上で、管理者が情報の取り扱いについて注意喚起するといった、多角的な施策が必要です。こうした情報セキュリティ対策を効率的に実施し、管理者の負担を軽減するため、情報セキュリティ対策ソフトウェアが必要となります。

しかし、導入したソフトウェア管理画面が使いにくいものであったり、必要な機能が備わっていなかったりするなど、さまざまな要因により、情報セキュリティ対策が思うように進まないケースもあります。

「SKYSEA Client View」は、複雑になりがちな情報セキュリティ対策の設定を、チェックを入れるだけで設定できるように設計しています。また、セキュリティポリシーに反した操作が行われた際、利用者のデスクトップにメッセージを表示することで、不適切な利用や不注意による事故を防ぎ、情報セキュリティ対策に対する意識を向上することができます。

「SKYSEA Client View」には、ファイル共有ソフトウェアの起動や、使用許可がない個人所有のUSBデバイスの使用など、情報漏洩事故につながる恐れがある操作を制限する機能を搭載しています。また、社外から持ち込まれ、使用許可がないPCのネットワーク接続を検知して自動的に接続を遮断する「不許可端末検知/遮断」機能も搭載しています。そのほかにも、OSのセキュリティパッチ適用状況を確認して、必要に応じて一斉に適用する機能など、さまざまな角度から情報セキュリティ対策に役立つ機能を搭載しています。

情報セキュリティ対策として求められる多くの機能を、オールインワンでご提供する「SKYSEA Client View」をぜひご活用ください。

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み