• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

孫子に学ぶ情報セキュリティ

第13話:やるときは一気呵成に!小出しでは意識改革につながらない。

原文の画像

現代語訳

彼我の勝敗を計量する者は、人民を戦闘させるにあたり、満々とたたえた水を千仭の谷底へ決壊させるように仕組む。それこそが勝利に至る態勢なのである。

積水ハウスなどの「積水」の語源となった有名な孫子の一説です。
勝利のためには、従業員が貯めた水を放つダムのように濁流となってなだれ込む態勢を作ることこそ重要な要素であると説いています。

先を見据えた投資が理想的企業経営でも、一点集中で突破する選択と集中が勝利の秘訣です。検討を重ね、「ここだっ!」と選択した分野には思い切った投資が必要であり、ちょろちょろと片手間で小出しにヒト・モノ・カネを投資するだけでは、結局何の成果も生まれずに終わっていきます。

このことは攻めに限らず、情報セキュリティ対策という守りにおいてもいえるでしょう。

情報セキュリティ技術は日進月歩です。
今日導入しても、明日には古くなるかもしれません。したがって、将来どの程度の情報セキュリティ体制が必要になるかを予測し、そこから逆算して今必要な体制を整備する。そして、新技術の登場に合わせて随時更新していくような投資が理想的です。

隣の会社が情報セキュリティ対策で何かを始めたから、うちも同じものを入れよう…という安易な発想で小出しに投資したのでは、自社にぴったりの情報セキュリティ体制は構築できないでしょう。

自社の数年後をにらみ、どのような情報セキュリティが必要になるのか十分に検討し、そこから逆算して今打つべき手を思いきって打ってこそ、セキュリティ性は高まるのです。

酒井英之氏画像
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
経営戦略部長兼プリンシパル
酒井 英之

慶應義塾大学経済学部卒業後、ブラザー工業入社。
27歳のとき、仲間と広告会社を興すものの事業に失敗。このときの教訓を生かすべく、経営コンサルタントに転身。
「目標達成なくして人材育成なし」をモットーに、成果を出すコンサルティングにこだわり続け、指導した先は300社以上。
主な著書に『スーパー上司力!』(アーク出版)、『稼ぐチームのつくり方』『勝ち組になる会社・なれない会社』(以上、PHP研究所)など。
経済産業大臣認定 中小企業診断士。

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み