• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

ソフトウェア資産管理(SAM)で実現するIT資産の徹底管理

コンピュータソフトウェアの違法コピーが問題となる中、ソフトウェア資産管理(SAM:Software Asset Management)が脚光を浴びています。ソフトウェア資産管理(SAM)とは、組織内の主にコンピューターソフトウェア資産を有効的に管理、制御、保護し、ソフトウェアのライフサイクルの全段階において必要とされるインフラ、プロセス、組織を整備することで、情報セキュリティの強化、IT資産の最適化、ライセンスコンプライアンスの向上などを図るための取り組みを指します。今では、組織のコンプライアンスという観点からも、ソフトウェア資産管理(SAM)の運用は避けられません。ここでは、ソフトウェア資産管理(SAM)の必要性から、運用の流れまでを説明します。

SAMは企業・組織に何をもたらすか
違法なソフトウェア利用が問題となっている中、IT資産管理全般の中でも、特にソフトウェアライセンス管理(SAM)が注目されてきています。また、コンプライアンスという観点以外にも、SAMの導入によって、企業はメリットを得ることができます。
SAMにおけるIT資産情報の有効活用
SAMの中で収集した膨大なIT資産情報は、活用次第で企業にとって利益をもたらします。コストや情報セキュリティの面で得られるSAMの効果について説明します。
SAMの流れ① 全体像 / 体制の構築
SAMを円滑に運用していくためには、まず運用体制の構築が必要です。運用のための規定(ポリシー)を策定、人員面での体制を構築し、資産情報を収集して、IT資産管理台帳を整備する必要があります。
SAMの流れ② ソフトウェアのライフサイクル
SAMにおいてソフトウェアは、その導入から廃棄に至るまでを一連のサイクルの中で管理されます。それぞれのフェーズで行うべき作業について説明します。
SAMに必要な各種台帳
SAMの運用には、各種IT資産管理台帳の整備と、継続的なメンテナンスが欠かせません。これら複数の台帳を利用することで、ソフトウェアの購入や廃棄、棚卸などをスムーズに行うことができます。
トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み