• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

ソフトウェア資産管理(SAM)で実現するIT資産の徹底管理

ソフトウェア資産管理(SAM)におけるIT資産情報の有効活用

SAMを適切に行うためには、企業内のハードウェア、ソフトウェア、ソフトウェアライセンスの資産情報を正確に把握し、管理する必要があることは前述したとおりです。そして、運用の中で収集したIT資産情報を有効活用することによって、SAMは企業にとって次のようなさまざまな利益をもたらします。

■ライセンス管理の適正化
SAMで収集するライセンスに関する資産情報には、企業内のソフトウェアライセンス数、ライセンス形態、インストールメディア(ソフトウェアのインストール形態)、ライセンス証書の所在、使用期限などが含まれます。SAMで得られるこれら情報を、事前に一括で管理しておくことで、ライセンスの移動が発生した際に迅速かつ正確に資産情報の変更が行えます。また、ソフトウェアの棚卸の際には、改めて資産情報を収集する必要がなく、現場に負荷をかけることなくスムーズに作業を進めることができます。

■IT投資の最適化(コスト削減など)
コスト面においても、SAMは大きな役割を果たします。企業では、部署の統廃合や人事異動、場合によっては企業自体の合併など大きな展開を迫られることもあります。これらの変化が生じた際の、PCやソフトウェア、ライセンスなどのIT資産の移動はかなり大きなものであることが想像できます。そんな場合にも、SAMによって収集されたIT資産情報を活用し、正確なPCの台数、ソフトウェア本数、ライセンス数などを把握していれば、資産の過不足を明確にすることができます。それをもとに、全社的な見地からIT資産の適切な購入、売却、部署間移動などを行うことで、コストの削減につなげることができます。
また、SAMを取り入れることで、導入しているソフトウェアの、ライセンスの種類を把握することができるようになります。種類を理解することで、ライセンスをPCごと、ユーザごとに購入するのか、またはボリュームライセンスを取得するかなどの判断が下せるようになったり、バージョンアップ版を安価で購入可能なライセンスを入手することで、購入コストを抑える効果があります。

■情報セキュリティの強化
SAMを通じて、ハードウェアやソフトウェアの数量や利用場所を正確に把握し、管理することは、逆に、企業として管理していない持ち込みPCなどの使用の有無についても明確にすることにつながります。管理外のこれらハードウェアの使用を規制することで、外部への情報漏洩を未然に防ぐことができます。

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み