• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

操作ログの管理によるメリットと「SKYSEA Client View」の機能

情報漏洩対策や内部統制、情報セキュリティの意識向上といった内容は、IT資産を利用してビジネスを展開する企業や組織にとって、欠かすことのできない重要項目です。その一つ、「情報漏洩対策」は、「誰が、どの端末で、どのような操作を行っているのか?」といった操作ログの把握と管理がポイントになります。そうして取得した操作ログを有効活用することで、情報漏洩につながる原因の究明と対策が可能となります。ここでは、操作ログ管理を適切に行うことのメリットや、情報漏洩を防止するために必要な具体的な対策、操作ログ管理にかかる管理者負担を軽減し、精度を高めながら、効率化を実現する「SKYSEA Client View」の機能についてご紹介します。

操作ログの管理の重要性と必要性
IT資産を活用してビジネスを展開する企業にとって、情報漏洩対策、内部統制、情報セキュリティの意識向上は、欠かすことができない重要事項です。それらを確実に促進するためには、管理者は収集した膨大な操作ログから問題点を抽出し、利用者がどんな操作を行っているかを把握する必要があります。
操作ログの徹底管理で情報漏洩を防止する
情報漏洩対策のポイントは、情報漏洩につながる原因を一つひとつ対策していくことです。まずは、社内のIT資産を正確に管理し、利用しているIT資産の運用状況を確認します。次に、「誰が、どの端末で、どのような操作を行っているのか」を把握し、操作ログをレポートに出力して管理します。つまり、IT資産の運用状況の見える化=「操作ログの管理」になります。
「SKYSEA Client View」の優れた操作ログ収集・保存機能
「SKYSEA Client View」は、USBメモリなどを利用した場合や、ネットワークに接続されていない社外でノートPCを使った場合でも、操作ログが収集できます。さらにバックアップした操作ログを検索・閲覧するときもリストア(復元)が必要なく、手早く確認していただくことができます。
操作ログでは見えない問題点を洗い出す「画面操作録画」機能
どのアプリケーションを起動したかは、操作ログで確認することができます。しかし、テキストベースの操作ログだけでは、実際にそのアプリケーションを使って、どのような操作を行ったのかということまでは、確認できません。「SKYSEA Client View」は、操作中の端末の画面を録画して、より詳細な状況把握に役立つ「画面操作録画」オプション機能をご用意しています。
操作ログの管理に加え、意識向上につながる「注意表示(アラート)機能」
情報セキュリティ対策にとって、操作ログの管理は不可欠ですが、それだけでは万全な対策とはいえません。カギを握るのは、利用者一人ひとりの情報セキュリティ対策への意識です。「SKYSEA Client View」には、利用者が的確にルールを認識し、安全な情報の取り扱いを意識づけるために役立つ仕組みとして、「注意表示(アラート)」機能を搭載しています。
トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み