• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

操作ログの管理によるメリットと「SKYSEA Client View」の機能

操作ログでは見えない問題点を洗い出す「画面操作録画」機能

「SKYSEA Client View」は、テキストベースの操作ログが確認できるだけでなく、クライアントPCの画面を録画して、より詳細に操作内容を確認できる「画面操作録画」機能(オプション)があります。どんなアプリケーションを起動し、いつ終了したのかといったことは、操作ログでも確認できます。しかし、操作ログだけではそのアプリケーションを使って、何をしたかということまでは把握しきれません。

例のように、財務諸表のDBにログインし、売り上げを入力した後、データをエクセルファイルとして出力したという一連の操作を行ったとします。このとき、操作ログでは「DBにログイン」「DBからログアウト」「ファイルを作成(保存)」という記録しか残りません。しかし、「画面操作録画」機能を使い、録画することで、実際に入力した売り上げの数値や、出力・保存したときの状況まで確認でき、具体的に状況が把握できます。

画面操作録画のイメージ

そのほか、契約している保守会社がシステムメンテナンスのため、社内クライアントPCにリモートアクセスする場合などに、操作画面を録画しておき、後で適切な作業が行われたかを確認するといった運用も可能になります。

このようにして、操作ログに加えて操作を録画することにより、IT資産の運用に関する問題点を詳細に洗い出すことができます。そして、運用上の問題点が明確になることで、適切な対策が打てるようになります。

その対策を実施する際に役立つのが、「SKYSEA Client View」の「注意表示(アラート)」機能です。現在報告されている情報漏洩事故の多くが、社員の「不注意」によるミスが原因とされており、管理者が操作ログを分析して問題点を把握するだけでは、会社全体の情報セキュリティ対策として十分とはいえません。情報セキュリティを強化するためには、操作ログに基づき定められた情報の取り扱いに関するルール(セキュリティポリシー)を利用者に正しく認識させることで、個々人の情報セキュリティ意識を向上させることが大切です。

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み