• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

削減支援のトップランナー「SKYSEA Client View」 コスト削減+情報セキュリティ対策

SKYSEA Client Viewで実現するコスト削減

コスト削減トップへ戻る

余剰資産の効率化
  • 最適な統合計画でサーバを削減
  • ファイルサーバの無駄遣いを削減
  • 無駄なクライアントPCを削減
  • 活用されていないプリンタを削減
  • アプリケーションの余剰資産を削減
管理工数の効率化
  • USBデバイスの一括棚卸で工数削減
  • 一斉インストールで管理工数を削減
  • リモートメンテナンスで出張費を削減
ランニングコストの効率化
  • クライアントPCやプリンタの電源管理で省電力化
  • 大量印刷を抑制し、印刷費を削減

最適な統合計画でサーバを削減

組織のサーバー台数増加に伴って、管理・運用を行うための負荷や、メンテナンスのための工数、保守などにかかる運用コストは増加していきます。「サーバーシミュレーション」を活用することで、運用にかかるコスト削減を図りながら、システムの効率化を進めるために、使用頻度の低いサーバーを負荷なく統合できるサーバー仮想化による物理サーバー削減計画を支援いたします。

サーバシミュレーションコスト削減の第一歩は、サーバーの状態を知ることから お客様が設定する経費削減の目標や、サーバーの利用状況に合わせて、物理サーバー削減案を具体的にシミュレーションできます。現在のサーバーの負荷状況をもとに、目標とする経費削減の効果を実現するために、サーバー統合レポートを自動的に作成。具体的に何台の物理サーバー削減が可能なのか、コスト削減がどの程度見込めるのかを確認することができます。

サーバシミュレーション画面

01:例えば、レポート結果から実際に16台を10台に削減できた場合

サーバー削減により、
下記のようなコスト削減の相乗効果が期待できます。

期待できるコスト削減の相乗効果

02:統合後の予想負荷も表示

台数削減によるサーバーの負荷を予想し、
最適なサーバー環境を実現。

資産管理情報に加え、現在のCPU使用率、ハードディスクやネットワークの使用量から総合的に予想負荷を判断。情報セキュリティのレベルと業務効率の低下を防ぎながら、サーバーの削減、統合計画を検討することができます。

最適なサーバ統合をシミュレーション

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み