SKYSEA Client View を活用してコスト削減を支援

使用されていない余剰PCを削減

利用状況に応じてサーバーの無駄を削減

組織内のファイルサーバーごとの使用状況、データ使用量などがはっきりと確認できない状況では、サーバー内の無駄なファイルを整理したり、サーバー自体の削減やそれによるコスト削減を検討することは困難です。

利用状況に応じてサーバーの無駄を削減

SKYSEA Client View
レポート機能 ファイルサーバー利用状況レポート

ファイルサーバーの利用状況を表示

「ファイルサーバー利用状況レポート」を活用し、ファイルサーバー内のフォルダごとの利用状況を自動的に集計してレポート化することで、全体の利用状況がひと目で把握でき、ディスクの無駄遣いを避ける対策などにお役立ていただけます。ディスク容量の占有率をフォルダ単位で確認したり、最終アクセス日時から利用頻度をチェックすることができ、ファイルサーバーの運用管理者と、ユーザー部門間でのディレクトリの再構成や無駄なファイルの削除など、運用改善の調整を行い、コスト削減を図るための有効なデータとして活用いただけます。

ファイルサーバー利用状況レポート
サーバーの利用状況を把握することは、
無駄なサーバーを削減できるとともに、
ファイル整理などの検討にもつながります。

サーバーの利用状況に合わせて、
サーバー削減案を具体的にシミュレーション

経費削減目標を設定することで、現状のサーバーの利用状況を踏まえて、物理サーバー削減案を具体的にシミュレーションできます。現在のサーバーの負荷状況をもとに、目標とする経費削減の効果を実現するために、サーバー統合レポートを自動的に作成。具体的に何台の物理サーバーの削減が可能なのか、コスト削減がどの程度見込めるのかを確認することができます。

サーバーの利用状況に合わせて、サーバー削減案を具体的にシミュレーション

SKYSEA Client Viewを活用してコスト削減を支援

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み