• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

お客様の声

No.127

外付けHDDやUSBメモリの使用状況が監視でき、
取り扱いの適正化ができました。

  • 業種
  • ソフトウェア・情報サービス
  • 管理対象PC
  • 約150台
  • 関連キーワード
  • ・セキュリティ管理 ・レポート ・USBメモリを管理

▼ 導入のきっかけ

情報セキュリティ対策として、外部記憶装置の使用状況チェック、インターネットのアクセス監視などを行うために導入しました。

社員の外部記憶装置の使用状況をチェックしたり、業務に関係のないWebサイトへのアクセスを監視したりするなど、情報セキュリティ対策を行うために、ソフトウェアの導入を検討していました。「SKYSEA Client View」を選んだ大きな理由は、当社がやりたいと考えていた情報セキュリティ対策が、すべて実施できるためです。また、コストパフォーマンスに優れているというのも、選んだ理由の一つです。

▼ 導入後の効果

情報セキュリティ対策はもちろん、ハードウェアの棚卸や、利用状況の把握、IT資産管理にも役立っています。

主に、外部記憶媒体の使用状況の監視・管理に使用しています。外付けHDDやUSBメモリは情報流出経路になりやすく、その取り扱いの適正化が重要だと考えています。そのほか、社員が業務に関係のないWebサイトを閲覧していないかを監視しています。情報セキュリティ対策以外の効果としては、ハードウェアの管理が楽になりました。常に利用状況を把握でき、棚卸作業も効率化できることが大きいです。IT資産管理のなかで、社内のPCに最新のサービスパックが導入されているか、Windows Updateが実施されているかが確認できるので、役立っています。
トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み