• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

お客様の声

No.209

簡単に端末と接続して「今の瞬間をすぐ確認」できる、
「リモート操作」機能でヘルプデスク作業を効率化。

  • 業種
  • 繊維・化学・食品
  • 管理対象PC
  • 約580台
  • 関連キーワード
  • ・資産管理 ・メンテナンス ・リモート操作 ・社内ヘルプデスク

▼ 導入のきっかけ

自分たちが必要とする資産情報をしっかり取得できることが、導入の決め手でした。

以前は他社の資産管理システムを導入していましたが、自分たちが必要としている資産情報が十分に取得できていませんでした。また、情報システム部では、社内システムの相談を受けるヘルプデスクとしての役割も担っているため、その作業も何とか効率化したいと考え、メンテナンス機能も搭載されたソフトウェアの導入を検討しました。比較検討した数社のソフトウェアの中から「SKYSEA Client View」を選んだのは、必要な資産情報がしっかり取得できること、「ソフトウェア資産管理(SAM)」機能を搭載していたことと、「リモート操作」機能に有効性を感じたからです。

▼ 導入後の効果

ユーザーIDやパスワードを入力せずに簡単に接続できる「リモート操作」機能で、ヘルプデスク作業が効率化できました。

「SKYSEA Client View」導入後は、必要な資産情報が取得できるようになったことはもちろんのこと、「リモート操作」機能を活用することで、ヘルプデスクの作業がかなり効率的に行えるようになりました。Windowsに標準搭載されているリモートデスクトップ接続でも、ある程度は業務を行えますが、リモート操作する端末にログオンする必要があり、逐一ユーザーにIDとパスワードを確認しなければならないのが面倒でした。「リモート操作」機能では、操作対象の端末を選択してボタンをクリックするだけで接続ができるので、対象PCの「今この瞬間」を確認しながらリモート操作が開始できます。メンテナンス作業において、今や手放せない機能となりました。
トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み