• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

お客様の声

No.413

PCI DSS規格の取得のため導入。不要なソフトウェアは、
インストールを禁止してセキュリティを保っています。

  • 業種
  • その他、金融
  • 管理対象PC
  • 約55台
  • 関連キーワード
  • ・セキュリティ管理 ・不許可端末検知 / 遮断

▼ 導入のきっかけ

PCI DSSという規格の取得のため導入を検討。厳しい情報セキュリティポリシーの要件を満たせるソフトウェアでした。

金融業務を行っているなかで、PCI DSSという規格にパスする必要性に迫られたことがきっかけでした。厳しい情報セキュリティポリシーの整備が求められるため、要件を満たすクライアント運用管理ソフトウェアを検討したところ、「SKYSEA Client View」が最適であると判断し、導入に至りました。

▼ 導入後の効果

未登録PCのネットワーク接続を遮断したり、業務に無関係なソフトウェアのインストールを禁止し、セキュリティを維持しています。

「不許可端末検知 / 遮断」機能をよく活用しており、資産管理台帳に登録されているPC以外は、ネットワークへの接続を禁止し、データにアクセスできないようにしています。また、「ソフトウェア配布」機能で、業務上必要なソフトウェアのみを一斉インストールし、さらに「注意表示(アラート)設定」機能で業務に関係のないソフトウェアのインストールを禁止することでセキュリティを保っています。「SKYSEA Client View」はバージョンが上がるたびに使いやすくなり、良くなっていると感じます。特に、Windows端末だけでなく、Mac端末にも対応しているのが便利だと感じています。今後が楽しみです。
トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み