• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

お客様の声

No.508

データ持ち出しのリスク軽減のために導入。
必要最低限のUSBメモリを登録、運用しています。

  • 業種
  • 政府・官公庁・団体
  • 管理対象PC
  • 約70台
  • 関連キーワード
  • ・デバイス管理 ・メンテナンス ・リモート操作 ・USBメモリを管理 ・社内ヘルプデスク

▼ 導入のきっかけ

データの外部持ち出しを禁止する組織の運用規定を守るために、ソフトウェアの導入が必要でした。

組織の運用規定で、データの外部への持ち出しを禁止していることから、その技術的な対策を検討していました。販売会社に相談したところ、「SKYSEA Client View」を紹介され、大変よいソフトウェアだということ、導入しているユーザー数が多いということを聞き、信頼できるツールだと感じて、最終的に導入することに決めました。

▼ 導入後の効果

必要最低限のUSBメモリを登録して運用。情報漏洩リスクの軽減に努めています。

外部への情報漏洩対策として、「デバイス管理」機能を活用しています。組織で使用しているUSBメモリは、組織で購入した登録済みのものだけを使用し、個人のものは使用禁止に設定することで、情報漏洩のリスクを軽減できるよう努めています。ほかには、「リモート操作」機能を便利に感じており、PCのトラブル対応や操作説明、管理者アカウントでの操作が必要なときの対応に活用しています。まるで隣に座って作業しているような感覚です。
トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み