• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許
01,

画面保存システム

【出願日:2007年2月26日/出願番号:特願2007−046204】
【登録日:2007年5月11日/登録番号:特許第3954642号】

目的

クライアント端末において所定の操作などが行われた際に、その操作に応じた適切な範囲でクライアント端末の操作画面を保存する画面保存システムを提供すること。

技術概要

クライアント端末の操作画面の保存を行なうシステムであって、所定の操作が行なわれると、その操作を操作類型情報と比較し、操作画面の保存を行なうかどうかを判定する。判定の結果、保存を行なう場合には、操作ログを利用して一連の所定操作の始点と終点の期間を特定し、その期間の操作画面を保存する。これによって、危険操作などの一連の操作に関連する期間の画面情報のみを保存でき、不要な操作画面を保存する必要がなくなる。

イメージ図

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み