ログ管理

想定外TCP通信 / デバイス接続ログ収集

組織内にあるPCの外部との通信状況を把握

各サーバー、クライアントPCの通信セッションをログとして収集、管理。ログの詳細を確認することで、普段通信することのない海外の外部サーバーへのアクセス状況などをいち早く把握し、マルウェア感染などによる不正なデータ送信がないか察知することにお役立ていただけます。

自動収集が可能な通信・接続ログ

実行ファイルのTCPセッションログ
  • 実行ファイル名
  • 通信先IPアドレス
  • セッション送受信データ量 など
Bluetoothへの接続ログ
  • 処理種別(接続 / 切断)
  • デバイス情報 など
無線LAN接続ログ
  • 処理種別(接続 / 切断)
  • アクセスポイント情報
  • 認証方式 など

通信先や接続デバイスなど通信状況を詳細に表示

TCPセッションの通信先IPアドレスや、Bluetooth接続したデバイスの種別など、通信の詳細がログから確認できます。また、不審な通信を行っているPCのログを追跡して調べることも可能です。

通信先や接続デバイスなど通信状況を詳細に表示の図

指定したサーバーやIPアドレス範囲ごとに個別でアラートを設定

業務で使用する通信を把握した上で、指定したサーバー以外への接続を禁止したり、アラート設定することで、マルウェアなどに感染したPCが意図せず外部のサーバーなどへ通信を行う場合や、不正に接続しようとした場合などに、通信を検知・遮断できます。

指定したサーバー以外との接続を禁止の図

接続を禁止するBluetoothデバイスを設定可能

PC、モバイル端末など、デバイスの種類を指定してBluetoothでの接続を禁止に設定することも可能です。

  • PC
  • モバイル端末
  • LANアクセス
  • オーディオ / ビデオ
  • PC周辺機器 など

※ 禁止できるのは、Microsoft標準のBluetoothアダプタを利用しているクライアントPCとの接続に限ります。

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み