資産管理

ネットワーク機器情報収集

オフィス機器情報を収集して一元管理

プリンターやHUBなどのネットワーク機器の情報を収集し、台帳管理できます。SNMP対応機器であれば、詳細な情報も収集でき、オフィス内の機器の状況が細やかに確認できます。

機器情報の定期自動収集

対象PCを指定した機器情報の定期自動収集や、IPアドレスの範囲と収集日時を指定した自動収集が行えます。機器管理を複数人で行う場合などに、日々変動する利用状況把握に役立ちます。

自動判別できる機器種別

  • 機器(Windows)
  • 機器(非Windows)
  • 機器(Mac)
  • 機器(Linux)
  • サーバー(Windows Server)
  • サーバー(Windows AD Server)
  • プリンター
  • 複合機
  • HUB

画面拡大 / ネットワーク機器情報収集 画面拡大 / 管理画面

  1. IPアドレスを範囲指定して機器情報を収集
    IPアドレスの範囲を指定することで、各拠点に分けて情報収集することが可能です。
  2. ネットワーク機器の状況を視覚的に表示
    台帳登録された機器は、機器種別のアイコンで表示されます。死活監視の設定をすると、電源状態に変化が発生している機器が、アラート表示されます。

MIB情報更新・死活監視設定

自動更新で常に最新情報を管理

指定した間隔で、ネットワークを通じて情報を自動更新。通信状態など、常に最新の機器情報が確認できます。

画面拡大 / ハードウェア一覧 画面拡大 / ネットワーク機器の死活監視設定 画面拡大 / MIB情報更新設定

  1. 指定間隔でネットワーク機器の通信状態をチェック
    設定した間隔でPingを送信し、常にネットワーク機器の通信状態をチェックします。
  2. 通信状態に異常があると対象の機器を強調表示
    機器の異常がひと目で確認でき、万が一のトラブル発生時も迅速な対応が可能です。
  3. 管理情報を定期収集し常に最新情報を把握
    ネットワーク機器の収集時に設定したMIB情報を定期的に確認して、台帳を更新します。お客様の運用ケースに応じた機器管理が可能です。

こんなシーンで使いやすい

万が一の機器トラブル発生時にも、迅速に対応したい

死活監視のアラート設定

HUBなどのネットワーク機器の通信状態に変更があった場合には、管理者へメールで通知します。障害が発生している恐れがある機器がすぐに確認でき、素早く対応することができます。

コンピューター検出

SKYSEA Client Viewを導入していないPCを含むネットワーク上のPCを検出、把握

SKYSEA Client ViewがインストールされていないPCを含む、ネットワークに接続されているPCを検出。未登録のPCの洗い出しが行えます。「管理できていないPCやIT機器」を把握し、管理対象とすることで、情報漏洩のリスクを軽減します。

収集方法
  • Ping応答による検索
  • NetBIOSによる検索
  • 不許可端末検知

※本機能は、ネットワーク機器情報収集機能の一部としてご利用いただけます。

ネットワーク経路の特定を支援

管理機から、検出されたPCまでのネットワーク間のルーター情報などを表示させることもでき、通信経路の調査にご活用いただけます。

ネットワーク経路表示項目
  • 機器種別
  • 管理状態
  • ネットワーク機器名
  • IPアドレス
  • MACアドレス
  • ドメイン名
  • システム製造元
  • 端末機名
  • 資産No.
  • 設置場所

管理対象となるPCを資産情報として登録

検出した機器情報を確認し、管理するPCや機器の資産情報を登録。判断を保留にする機器を一覧でまとめたり、精査を支援する機能も搭載しています。

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み