• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

掲載日:2015/5/15

重要 対策済

【Ver.10.000.10k / 10.100.09d】Windows版 Google ChromeをVer.43にアップデートすると、Chromeの起動時にエラーが発生するようになる問題

この度、以下の問題が発見されましたのでお知らせいたします。
ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。

問題

SKYSEA Client Viewのログ収集設定で、Google ChromeのWebアクセスログ収集を有効にしている環境で、Windows版のGoogle ChromeをVer.43にアップデートすると、以下のエラーがGoogle Chromeの起動時に毎回発生する。

『ユーザー設定ファイルを読み込むことができません。一部の機能が利用できない可能性があります。また、設定への変更は保存されません。』

[OK]をクリックせずにGoogle Chromeを終了した場合は、Google Chromeのプロセスが起動した状態のまま残り、Google Chromeが起動できなくなります(実行しても無反応)。

その場合は、タスクマネージャーからGoogle Chromeのプロセス(「chrome.exe」または「chrome.exe *32」)を終了してください。

影響

■ Google Chromeにおける影響

本障害が発生した環境では、ユーザー設定ファイルが読み込めなくなることで、Google Chromeによって設定ファイルが再作成されます。そのため、修正モジュールの適用、またはVer.10.110.06へのアップデートを行い、エラーが発生しなくなった状態で、端末機ごとにGoogle Chromeのユーザー設定を再度行っていただく必要がございます。

なお、ユーザー設定には、起動時のページ設定、ブックマークバー等のツールバーの表示設定、Googleアカウントのパスワード設定、インストールした拡張機能などが含まれます。

対象バージョン

Ver.7.100.06d 〜 10.100.09d

※Windows版 Google Chromeを使用したWebアクセスログ収集にはVer.7.100.06dから対応していますが、Ver.10.000.10kより前の環境ではSKYSEA Client Viewの拡張機能が有効にできません。詳しくは以下のページをご覧ください。

Windows版 Google Chrome 42でのNPAPI廃止と対策について

原因

Google Chrome 43へのバージョンアップにより、SKYSEA Client Viewの拡張機能が参照するGoogle Chromeの設定ファイルの仕様が変更されたため。

一時回避策

以下の設定変更を行うことでエラーの発生を回避することが可能です。
※ただしGoogle Chromeを使用したWebアクセスログが取得できなくなります。

「設定」タブ→[ログ設定]→[通常ログ設定]→対象のグループを選択→「収集するログの設定」の[設定]→「Windows用設定」タブ→(Ver.10.1は更に「Webアクセス/メール/想定外TCP通信」タブ)→「Google Chromeを使用したWeb閲覧ログを収集する」を無効にする

設定変更の適用後、端末機のOS再起動を行ってください。

OS再起動後の初回のGoogle Chrome起動時のみエラーが発生しますが、2回目以降は発生しなくなることを確認しております。

対策

Ver.10.000.10k / 10.100.09dをご利用のお客様に対して、修正モジュールの提供を開始しました。
修正モジュール ダウンロードページ

また、2015年5月27日公開のVer.10.110.06にも本件の対策が含まれております。
SKYSEA Client View Ver.10.110.06 アップデートモジュール ダウンロードページ

Ver.10.000.10kより前のバージョンをご利用のお客様は、大変恐縮ではございますが、本件の対策を含むVer.10.11、または修正モジュールが適用可能なバージョン(=Windows版 Google Chrome 42以降を使用したWebアクセスログ収集機能がご利用になれるバージョン)にアップデートしていただきますようお願いいたします。

備考

● Google Chromeのバージョンアップによる仕様変更の影響を受けないようにするためには、Google Chromeの自動アップデートを無効にする等の対策が必要です。

Google Chromeの自動アップデートを無効にする方法は、Google社によって公開されていますので、詳しくは以下のWebページを参照してください。

ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み