• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

掲載日:2015/9/7

Windows版Google Chrome Ver.44 / 45 の対応時期について

Windows版Google Chrome Ver.44 / 45 についてご案内いたします。

  • Google Chrome 45を利用しているワークグループ環境の端末にて、Google Chromeの毎起動時に「新しい拡張機能が追加されました(SKYSEA Client View)」と表示されます。

≫ 従来より、ワークグループ環境では同様の通知が表示されましたが、1度手動で[拡張機能を有効にする]を押下することでGoogle ChromeのWebアクセスログは収集可能となり、次回以降は通知が表示されることはございませんでした。(Google Chrome 44、またドメイン環境下では、本事象の発生は確認しておりません)

拡張機能を手動で有効にする手順や、Google Chromeの自動アップデートを無効にする手順など、関連する情報は以下のナレッジFAQを参照してください。
SKYSEA Client ViewのWindows版 Google Chrome用拡張機能の自動有効化に関する挙動

対応

2015年9月30日、本件の修正を含むVer.10.210.08dアップデートモジュールの提供を開始しました。
SKYSEA Client View Ver.10.210.08d アップデートモジュール ダウンロードページ

参考情報

● Google Chromeのバージョンアップによる仕様変更の影響を受けないようにするためには、Google Chromeの自動アップデートを無効にする等の対策が必要です。

Google Chromeの自動アップデートを無効にする方法は、Google社によって公開されていますので、詳しくは以下のWebページを参照してください。


● SKYSEA Client ViewではVer.9.1から、Google Chrome用アドオンの有効/無効の状態が、ハードウェア一覧画面から確認できるようになりました。詳しくは以下のマニュアルを参照してください。

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み