• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

掲載日:2015/11/2

マイクロソフト社によるInternet Explorer サポートポリシー変更に伴うアップデートについて

マイクロソフト社よりInternet Explorer サポートポリシー変更の重要なお知らせ(※)が呼びかけられており、弊社サポートへInternet Explorer (以下、IE)のアップデート方法に関するご相談をいただくことが増えてきております。

SKYSEA Client Viewでは、ソフトウェア配布機能を用いてIEを展開するためのスクリプトをご提供しており、各IEのバージョン毎に利用方法をご案内しております。
最新版IEへの展開作業にお役立てください。

※ 2016年1月12日(米国時間)以降、IEのサポートポリシーでは使用しているWindows OSに対してサポートされる最新バージョンのIEだけがサポート対象となります。

※ 上記マイクロソフト社「Internet Explorer サポートポリシー変更の重要なお知らせ」と同等の記載があるページはこちらです。


■Windows OSとサポートされるIEバージョンおよびソフトウェア配布スクリプトについて

Windowsの
バージョン
Internet Explorer の
バージョン
ソフトウェア配布
スクリプト
Windows Vista Internet Explorer 9 [M045] Internet Explorer 9
Windows Server 2008
Windows 7 Internet Explorer 11 [M048] Internet Explorer 11
Windows Server 2008 R2
Windows 8.1
Windows 8 (※)
Windows Server 2012 Internet Explorer 10 標準でInternet Explorer 10のため
アップデートは不要
Windows Server 2012 R2 Internet Explorer 11 [M048] Internet Explorer 11

※Windows 8は、2016年1月12日をもってサポート終了となるためWindows 8.1へのアップデートが必要です。



また、IEの操作ログを取得いただくには、各IEに対応したSKYSEA Client Viewをご利用いただく必要がございます。

各IEのログ収集に対応したSKYSEA Client Viewのバージョンを取りまとめましたので、必要に応じてアップデートをご検討ください。

■各IEバージョンと対応を開始したSKYSEA Client Viewのバージョン

Internet Explorer のバージョン SKYSEA Client Viewの対応開始バージョン
Internet Explorer 9 6.000.09
Internet Explorer 10 8.000.11c
Internet Explorer 11 9.000.12e
トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み