• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

掲載日:2016/5/9

重要 対策済

【Ver.11.100.04l】Adobe Flash Player ActiveX / NPAPI 汎用スクリプトを利用していると、資産変更状況にてアプリケーション削除・追加のイベントが多数記録される問題

この度、以下の問題が確認されましたのでお知らせいたします。
ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。

問題

下記の【発生条件】を満たす環境において、「変更状況」のイベントに [アプリケーション削除] [アプリケーション追加] が繰り返し記録される問題を確認いたしました。

発生条件

Ver.11.100.04lを利用している。

・ソフトウェア配布一覧に以下のソフトウェア配布スクリプトを登録している。
Adobe Flash Player 10~21 ActiveX 汎用インストールスクリプト
Adobe Flash Player 10~21 ActiveX 汎用アンインストールスクリプト
Adobe Flash Player 10~21 NPAPI 汎用インストールスクリプト
Adobe Flash Player 10~21 NPAPI 汎用アンインストールスクリプト

回避策

該当のソフトウェア配布スクリプトを、ソフトウェア一覧からすべて削除してください。

対策

本件の対応を含むソフトウェア配布スクリプトの提供を開始しました。
「ソフトウェア情報(ソフトウェア配布スクリプト)」ダウンロードページ(Adobeトップ)

ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

変更点

従来の Adobe Flash Player 汎用スクリプトでは、Adobe Flash Player の詳細バージョンをご確認いただけるように、バージョン情報を付加したアプリケーション情報を別途登録しておりました。
この処理により、本問題が発生しております。

Ver.7 以降では、「表示バージョン」という項目が追加されており、こちらの項目から詳細バージョンが確認できるようになっております。
そのため、別途アプリケーション情報の登録などは行わないように修正いたしました。

今後、詳細バージョンを確認いただく際は、「表示バージョン」からご確認ください。

【修正前】マイナーバージョンごとに登録

マイナーバージョンごとに登録

【修正後】メジャーバージョンごとに登録(マイナーバージョンは「表示バージョン」から確認)

メジャーバージョンごとに登録

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み