• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

その他 新機能・改善点

<持ち出しファイル簡易暗号化>USBメモリによるデータの持ち出しをより安全に

USBデバイスによる重要データの持ち出し時に、クライアントPC上でファイルを暗号化できます。読み取り専用デバイスに対しても、暗号化したファイルのみ保存できるように設定でき、持ち出し時のセキュリティ強化につながります。

復号時の条件設定でセキュリティを強化

本機能はUSBメモリなどでのファイル持ち出しにご利用いただくことを想定したファイル暗号化機能であるため、ご利用を検討される際には、お客様の使用用途に適合しているかのご確認をお願いいたします。暗号化によるセキュリティをさらに重視される場合には、日本電気株式会社製「InfoCage ファイル暗号」や、富士通株式会社製「FENCE」シリーズなどの製品をお使いいただけますようお願いいたします。なお、「InfoCage ファイル暗号」および「FENCE」シリーズについては、SKYSEA Client Viewと共存してご利用いただくことが可能です。(メーカー様は五十音順にて記載しております)

<PCの導入支援>ディスクイメージを各PCに配信、導入の効率化に

PCの新規導入時などに、バックアップしたディスクイメージをネットワーク上の共有フォルダへ保存し、他PCに配信できます。イメージの配信後、PCごとにコンピューター名やIPアドレスなどを個別で設定したり、アプリケーションを追加することもでき、キッティングツールとしてご活用いただけます。

ディスクイメージを各PCに配信、導入の効率化に

<PCの導入支援>ディスクイメージを各PCに配信、導入の効率化に

ログ管理 対応Ver.
SMTPSで送信したメールログが収集可能に※1<オプション(LT / 500)> 11.1
Dropboxのログ取得に対応、アップロード状況などの把握に 11.2
ファイルを上書き保存したときのログが収集可能に 11.2
シンクライアント環境でのユーザーごとのファイル操作ログが取得可能に 11.2
セキュリティ管理 対応Ver.
社外持ち出し時に使用される特定のネットワークデバイスからの通信を制限※2 11.0
BitLockerで暗号化したドライブの回復キーを収集・管理 11.1
スリープ状態のPCに対するソフトウェア配布・実行が可能に※3※4 11.2
Check Point Full Disk Encryptionによるドライブ暗号化情報を収集・管理 11.2
デバイス管理 対応Ver.
複数部署でのデバイス管理を強化 11.1
特定のPCに接続中のUSBデバイスを素早く確認、使用制限設定が容易に 11.2
申請・承認ワークフローのファイル持ち出し申請を強化<オプション(LT / 500 / ST)> 11.2
資産管理 対応Ver.
IPアドレスの空き状況を把握、組織のネットワーク管理を支援 11.0
返却・廃棄PCの資産情報を記録として保存可能に 11.0
ソフトウェア資産管理(SAM) 対応Ver.
ソフトウェア資産管理(SAM)の管理台帳に閲覧専用モードを搭載 11.0
管理台帳に登録されたライセンス情報の一括削除が可能に 11.0
管理台帳への複数アプリケーションのライセンス一括登録が可能に 11.0
メンテナンス 対応Ver.
メッセージ機能でフォントサイズ、色の指定による強調表示が可能に 11.0
管理者の操作内容を隠しながらリモート操作できるモードを搭載<オプション(LT)> 11.0
リモート操作開始時に管理機画面を自動で録画可能に<オプション(LT)>※5 11.2
その他 対応Ver.
Windows 10の各種エディション、サービスへの対応を強化 11.0
Firefox 44以降のバージョン / Firefox 64bit版に対応 11.1
Windows 10 Anniversary Updateに対応 11.2

※1 Microsoft Outlookを使用したメール送信のみ対応しています。
※2 通信制限が行われるのは、SKYSEA Client Viewのサーバーとの通信です。
※3 Windows 8.1 / Windows 10の「Instant Go」にも対応しています。
※4 即時配布ではなく、スケジュール設定による配布の場合のみ有効です。
※5 画面操作録画はオプション<(LT / 500 / ST)>です。

その他のバージョン

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み