• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

最新バージョンのセキュリティ管理はこちら

注意表示(アラート):的確な設定と通知で、特定の操作を見過ごさない

会社のルールを守らない人を、毎回注意するのが面倒…

管理者だけでなく、会社のルールを守らなかった本人の画面にもメッセージが通知されます。何がいけなかったのか、本人にも伝えることで、ユーザの意識向上を図ります。

アラート設定画面

画面拡大

注意表示の設定

ポリシー運用に必要な設定項目を網羅。

項目別に用意した注意表示を、部署などのグループごとに設定できます。特定ユーザへの個別設定といった柔軟な設定にも対応。
また、アプリケーションやフォルダごとにメール通知、画面録画、禁止、端末に通知するメッセージの設定もできます。

注意表示設定項目

資産管理に関する注意表示

その他の注意表示

アプリケーションに関する注意表示

注意表示全体に関する共通設定

ファイル操作に関する注意表示

 
実行ファイルの不正操作検知
すべての実行ファイルに対して、作成やコピー、ファイル別名保存を行うと、注意通知の対象として検知することが可能です。

ローカル共有フォルダアクセスアラートのキーワード指定
ローカル共有フォルダにアクセスがあった場合、指定したキーワードを含むフォルダやファイルだけを検知可能。たとえば、「社外秘」と含まれるファイルだけを検知することができます。
関連特許取得

ゲーム、動画などの業務外の音声を、注意表示として、検知することができます。

関連特許取得
印刷物取り忘れ警告機能
画面ロックによる徹底した印刷物の取り忘れ防止
印刷物取り忘れ警告機能に、利用者の画面をロックする機能を追加。「印刷物識別番号」が入力されるまでの間、PC操作を行えなくすることで、利用者のさらなる意識向上を図ります。
注意表示の設定状況を一覧確認

設定した注意表示が一覧で確認できます。注意の通知方法、操作画面録画といった設定状況を、分かりやすいアイコンで表示。ほかのグループやクライアントPCとの設定状況の違いも簡単に把握できます。

設定項目一覧

注意の通知

特定の操作をさまざまな方法で通知。ユーザの意識向上を図ります。

特定の操作を検知すると、さまざまな方法で通知できます。中でも、「画面にメッセージを表示(ポップアップ通知)」は、管理者とユーザへ通知します。注意内容が即座に画面に表示されるので、管理者は素早く対応できます。ユーザに、特定の操作として制限されていることを伝え、意識向上を図ります。注意の通知方法

画面にメッセージを表示(ポップアップ通知)

要注意端末へのリスト化

注意表示ログ出力による通知

メールによる通知

画面にメッセージを表示(ポップアップ通知)

ポップアップによる通知イメージ

※掲載している画面はすべて開発中のものです。

その他のバージョン

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み