• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

新機能・改善機能 最新OS対応

さらに充実した、情報セキュリティ対策

最新OSであるWindows 7、Windows Server 2008 R2に対応しました。
「BitLocker to Go」や「BranchCache」など、新機能の一括設定にも対応しました。
さらに64bit OSにも対応。SKYSEA Client Viewは、幅広いOS環境でご利用いただけます。

Windows 7対応


POINT 1 Windows  7/Windows Sever  2008 R2に対応

サーバ、クライアントPC共に最新OSに対応。新機能の設定作業を管理機から行うことができ、管理・運用の効率化が図れます。

Windows  7対応 Windows Sever  2008 R2対応 64bit OS 対応

管理機から新たに追加された機能を設定。


管理・運用の効率化

新OSで新たに追加された機能を、管理機から一括で設定し、管理・運用の効率化を図ります。

管理機から一括設定:BitLocker to go設定 BranchCache設定 UAC警告レベル設定 Active Directory詳細設定

1ライセンスでWindows® XPモードの情報も管理可能。


別ライセンス費不要

Windows XPモードを利用する場合でもクライアントPC1台として管理。別ライセンスは不要です。

Windows 7 Windows XPモード:Windows XPモードを含め、クライアントPCの資産・ログ情報を取得。それぞれを区別して管理します。
トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み