• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

新機能・改善機能 安全安心レポート

リスク傾向を分かりやすく分析、事故を未然に防止

情報セキュリティリスクの傾向分析は、これから起こりうるセキュリティ事故にいち早く対応するために有効です。
効率よく、適切な分析と分かりやすいレポートで、情報セキュリティ対策をサポートします。

情報セキュリティリスクの傾向を分かりやすくレポート<関連特許出願中>

操作ログやアラート発生件数をもとに、情報セキュリティリスクの傾向を分析したレポートを出力できます。セキュリティポリシーに従って数値化して記号表示するので、ひと目で傾向を把握できます。

傾向分析レポート

セキュリティリスクとなりうる端末の操作ログを分析したレポートです。
情報漏洩につながる可能性のある操作の発生状況を効率よく確認できます。

部署別傾向分析画面

画面拡大


01:情報セキュリティの傾向を表示

事故の可能性のある操作をカウント、
点数と○△×で分かりやすく傾向を分析

レポートの集計結果を○△×表記で視覚的に表示できます。
判定基準は、お客様の定められたセキュリティポリシーに従って設定可能です。

○△×で集計結果を表示する


02:操作傾向をカテゴリ別に分析

リスク傾向を3つのカテゴリ別に集計してレポート

カテゴリ別に情報漏洩の可能性が潜む操作の傾向を表示。危険性の増減推移がひと目で把握できます。

注意表示レポート

アラートの発生状況をカテゴリ別に集計し、レポートします。
発生件数の増減推移も確認でき、注意が必要なポイントを適切に把握することができます。

部署別アラート画面

画面拡大


01:アラート発生状況を表示

気になる日のアラート発生状況を件数の総数と○△×で状況を表示

日々のアラート発生件数の増減推移を○△×で分かりやすく表示します。判定基準は、お客様の定められたセキュリティポリシーに従って設定可能です。

ポイント算出設定


02:アラート発生状況をカテゴリ別に分析

起きてしまった危険な出来事を6つのカテゴリ別に集計してレポート

カテゴリ別にアラートの発生状況を日別・月別の比較から要注意なクライアントPCまで、アラートの増減推移がひと目で把握できます。


レポート各種表示

分析結果を多角的に表示

「部署単位の比較」「端末単位の比較」「日を追っての比較」から、アラート件数を集計し、危険傾向を確認できます。

レポート各種表示画面
トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み