USBデバイス管理
情報の出入り口、USBデバイスを徹底管理

USBデバイス台帳自動登録

接続するだけで登録 しっかり全数把握USBデバイスをクライアントPCに接続するだけで、シリアルナンバーなどを認識して、個体情報を管理台帳に自動登録。私物も含め、すべてのUSBデバイスを個体管理することができます。また、管理者が複数のUSBデバイス一括登録することも可能です。

※シリアルナンバーが認識できないものは、個体管理はできませんが、一律に使用権限が設定できます。

USBデバイス管理の設定画面
USBメモリ以外のデバイスも管理
ハードディスクとフラッシュドライブのイメージ画像シリアルナンバーが認識できるものであれば、ハードディスクドライブやフラッシュドライブなどのUSBデバイスも同様に、台帳登録・個体管理が可能です。
USBデバイス管理台帳CSV出力
CSV出力→Excel編集→台帳へインポートCSVファイルでの編集も可能管理台帳をCSV形式でファイルに書き出すことや、CSV形式ファイルの台帳をSKYSEA Client Viewの管理台帳としてインポートすることができ、大量のUSBデバイスの管理も効率よく行っていただけます。表示する項目は必要に応じて、変更できます。

私物USBメモリの無断利用禁止を徹底したい

私物USBメモリ設定の画面初期設定で無断利用をシャットアウト
自動登録時の初期設定を「使用不可」に設定しておくことで、管理者が許可するまで、USBデバイスの使用を制限することができ、私物のUSBデバイスの無断使用を防ぐことが可能です。
※掲載している画面はすべて開発中のものです。

その他のバージョン

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み