• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

【新機能・改善機能】資産管理/ネットワーク機器情報収集

オフィス機器情報を収集・自動更新で一元管理

プリンタやHUBなどの機器情報を収集・自動更新し、
ネットワーク内のオフィス機器も一元管理できます。
プリンタやHUBなどのネットワーク機器は障害発生時に備えた適切な管理が必要です。本機能は、IPアドレスで対象範囲を指定すれば、一度にネットワーク機器情報を収集※1。さらにSNMP※2対応機器であれば、詳細な情報まで取得することができ、資産管理台帳作成の負担を軽減し、トラブルにも迅速な対応が可能になります。

主な特長●ネットワーク機器情報を収集。手間なく台帳登録・管理●定期的に機器情報を自動更新。手間をかけず最新情報を把握●ネットワーク機器の死活状態を監視。異常発生時はアラート通知

ネットワーク機器情報収集 運用イメージ

ネットワーク機器情報収集

機器情報を収集し、手間なく台帳作成 ネットワーク機器の情報を一度に収集できます※1。膨大な台数分の機器情報を、手間なく収集し、台帳作成の負担を大幅に軽減できます。

IPアドレスを範囲指定して機器情報を収集
IPアドレスの範囲を指定することで、各拠点ごとに分けて情報収集することが可能です。
ネットワーク機器の状況を視覚的に表示
台帳登録された機器は、機器種別のアイコンで表示し、死活監視で電源状態に変化が発生している機器は、アラート表示されます。
MIB情報更新・死活監視設定

自動更新で常に最新情報を管理 指定した間隔で、ネットワークを通じて情報を自動更新。死活状態など、常に最新の機器情報が確認できます。

指定間隔でネットワーク機器の死活状態をチェック
設定した間隔でPingを送信し、常にネットワーク機器の死活状態をチェックします。
死活状態に異常があると対象の機器を強調表示
機器の異常がひと目で確認でき、万が一のトラブル発生時も迅速な対応が可能です。
管理情報を定期収集し常に最新情報を把握
ネットワーク機器の収集時に設定したMIB情報を定期的に確認して、台帳を更新します。お客様の運用ケースに応じた機器管理が可能です。
  • ※1 情報を収集できない機器もあります。
  • ※2 SNMPとは「Simple Network Management Protocol」の略で、ネットワーク経由でさまざまな機器を管理・制御するための規格です。

その他のバージョン

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み