• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

【新機能・改善機能】セキュリティ管理/ユーザポリシー設定

利用者ごとに、セキュリティポリシーを運用

利用者(ログオンユーザ)ごとのアラート設定が可能になり、
セキュリティポリシーをより柔軟に運用できます。
クライアントPCを共有している場合やシンクライアント環境で作業を行うなど、クライアントPCに対するアラート設定より、利用者であるログオンユーザに重点を置いた設定が求められる場合があります。本機能は、利用者ごとにポリシーを設定することができるので、さまざまな利用シーンに合わせて柔軟なポリシー運用が可能です。

主な特長●「従来の「端末アラート」に加え、新たに「ユーザアラート」を追加●利用者(ログオンユーザ)ごとに、ポリシー運用を管理●ケースに合わせて適用する端末アラートとユーザアラートの優先順位を設定

ユーザポリシー設定 運用イメージ

ユーザアラート設定

必要な項目だけを選んでユーザアラートを設定 ユーザデスクトップビューから右クリックで設定画面へ。チェックを入れた項目だけがログオンユーザごとの制限としてアラート設定できます。

ユーザを選んで右クリックで設定画面を呼び出せる
ユーザを選択して設定画面が呼び出せるので、手早く設定することができます。
チェックを入れた項目を設定するだけでOK
ユーザ別に設定したい項目だけをチェックし、設定できます。設定しない項目は端末アラートの設定に従います。
端末アラートとユーザアラートの関係

各種アラートの設定は、端末アラートが基本となります。特にユーザ別にアラート設定の有効 / 無効を行いたい場合は、あらかじめユーザアラートを優先する設定を行うことで、個別設定を適用することができます。

ユーザアラートで制限できる設定項目

アプリケーション ファイル操作 その他
ウィンドウタイトル CSVファイル出力 Webダウンロード
アプリケーション実行 規定時間外端末機操作 FTPダウンロード
禁止アプリケーションの名前変更 記憶媒体使用 Webアップロード
業務外アプリケーション実行 記憶媒体使用(棚卸期間超過) FTPアップロード
レジストリ変更 記憶媒体書き込み Web閲覧
インストール 特定フォルダアクセス 掲示板 / Webメール書き込み
システム構成変更 共有フォルダ書き込み USBメモリによるコンピュータ使用制限
カスタマイズ  
  禁止ファイル持ち込み  
  実行ファイル不正操作  
  USBデバイスによる不正ファイル持ち込み  

その他のバージョン

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み