• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

【新機能・改善機能】レポート/Web別利用時間推移

クラウドの利用状況を“見える化”

クラウドサービスなどのアクセス状況をレポート。 事前に設定したURLへのアクセス状況をレポートとして出力できます。時間別にアクセス数をグラフ化したり、アクセス回数順に端末リストを出力することで活用頻度を確認できます。

主な特長●特定Webサイトへのアクセス数をグラフ・一覧表で出力
Web別利用時間推移

アクセス状況から活用頻度を可視化 クラウドサービスなどのURLを設定し、月ごとや1日分のアクセス数をグラフ化することで、活用頻度を確認いただけます。

期間を指定してアクセス状況を部署ごとにレポート出力
集計期間を指定して、部署ごとにアクセス状況を集計。端末ごとのアクセス数も一覧表で出力するので、活用頻度がひと目でわかります。

その他のバージョン

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み