• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

台帳管理、棚卸支援でSAMを強化

資産管理台帳の整備から更新まで、各段階の作業をよりスムーズに

ソフトウェア資産台帳の作成に必要な管理対象ソフトウェアの策定や、IT資産の棚卸時の突合(とつごう)※1など、新たな機能を搭載しました。SAMACソフトウェア資産管理基準に沿った運用を支援する機能として、幅広くご活用いただけます。

SAMACソフトウェア資産管理基準に沿った運用支援!
画面拡大
※掲載している画面・内容はすべて開発中のものです。また、画面およびスクリーンに表示されている画像はすべてはめ込み合成です。

SKYSEA Client Viewが支援するSAM運用プロセス

【1】 運用ルール策定 資産台帳の整備
管理対象ソフトウェアの策定 「標準ソフトウェア」や「利用禁止ソフトウェア」などのカテゴリに分類。台帳の作成・更新や、利用実態との突合(とつごう)※1にご活用いただけます。
管理台帳の整備 台帳画面を一新し、SAMの運用がさらに便利になりました。
資産情報の収集 管理対象となるコンピューターやソフトウェアの情報を自動収集します。
申請・承認システムの整備
<オプション(LT/ST)>
突合(とつごう)※1結果を参照しながら、Web上でIT資産の利用申請・承認が行えます。
【2】 保有ライセンス情報の台帳への記録・管理
保有ライセンスの記録・割当 アップグレード・ダウングレードライセンスの管理、有効ライセンスの記録が行えます。突合(とつごう)※1によるライセンス割当作業の支援も可能です。
ライセンス部材の記録 ライセンス証書などに関する情報を記録できます。
【3】 利用状況を台帳と照合
管理台帳の棚卸支援 台帳記録と利用実態を突合(とつごう)※1し、齟齬(そご)※2を抽出します。日々の台帳更新や、定期的な棚卸作業に必要な情報がひと目でわかります。
【4】 台帳の更新
管理台帳の更新履歴保存・閲覧 台帳の更新内容の詳細を確認できます。棚卸時の台帳更新の後追いや、内部監査などでお役立ていただけます。
SAMAC ソフトウェア資産管理基準とは?
一般法人 ソフトウェア資産管理評価認定協会(SAMAC)は、企業や公共団体などの組織においてSAMがどの程度導入されているかを評価するための事業を行っています。本基準はその中で策定された基準として、ISO/IEC19770-1:2006もしくはそれに関連するJIS規格に整合したものとして策定されています。
※1 突合(とつごう):SAMにおいて、ソフトウェア利用状況や保有ライセンス数と、台帳の記録を照合すること。 ※2 齟齬(そご):SAMにおいて、突合(※1)によって明確になった相違点。

その他のバージョン

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み