• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

回線が細い環境でも、リモート操作がさらにスムーズに

転送する画面の画質調整や、減色対応を事前に設定することで、データ転送量やCPUの負荷を軽減。リモート操作時のディスプレイ上の操作がさらになめらかに行えます※1。また、リモート操作を起動させるまでの時間も短縮されており、他拠点PCのメンテナンス、問い合わせ対応などをより迅速に行うことができます。

  • ※1 リモート操作対象が、端末機(Windows)の場合のみ対応しています。
  • ※2 グラフの数値は、端末機(Windows)のデスクトップ画面(約915KB)を管理機に転送した場合の検証結果です。
  • ※3 グラフの数値はあくまで平均値です。操作によって負荷率は変動します。
  • ※4 グラフの値はあくまで特定のテスト環境で得られた結果であり、必ずしもすべての動作環境で同様の結果が得られることを保証するものではありません。

その他のバージョン

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み