セキュリティ管理

アラート表示を色分けして分類

アラート設定のアラート項目ごとに優先順位を設定し、
管理画面やログ閲覧画面で色分けして表示
できます。

管理画面上でPCをアラートごとに色分けして表示可能
※ログ閲覧画面も同様の色分けでアラート表示されます。

色分けすることで、情報セキュリティ上、特に注意すべき
アラートが発生した際に気づきやすくなり、その後の対応を素早く
行っていただけます。

管理画面上でPCをアラートごとに色分けして表示可能
※ログ閲覧画面も同様の色分けでアラート表示されます。

アラート項目ごとに優先順位と色分け設定を行います。
まず、優先順位を設定してみましょう。
設定タブの「アラート設定」をクリック!
「アラート項目別 優先順位/メール送信先設定」の「設定」をクリック!
アラートが一覧で表示されます。
優先順位を設定するアラートの種類をタブから選び、
アラート項目より、優先順位を設定するアラートを選択します。
「設定」をクリック!
アラートの優先順位で「優先順位1」を選択し、
「OK」をクリック!
「アプリケーション実行(デスクトップアプリケーション)」の優先順位が
最上位の「1」に設定されます。
「OK」をクリック!
続いて、優先順位ごとの表示色を設定してみましょう。
「アラート優先順位別 表示設定」の「設定」をクリック!
優先順位ごとの表示色が一覧で表示されます。
優先順位「1」を選び、
「設定」をクリック!
優先順位のアラートの表示名を入力します。
ここでは「アラート端末/アラートログ」の背景色を変更してみましょう。
「背景色選択」をクリック!
設定したい色を選択します。ここでは「黄色」を指定してみます。
「OK」をクリック!
設定した色でどのようにアラートが表示されるか、サンプルが表示されます。
「OK」をクリック!
優先順位「1」のアラートの表示色が変更されました。
「OK」をクリック!
「適用」をクリック!
設定が適用されると……
アラートが発生した端末は、優先順位ごとに設定した色で表示されます。
アラートが発生したクライアントPCを、優先順位ごとに絞り込んで
表示させることもでき、緊急度の高いアラートが発生している
クライアントPCを発見しやすくなります。
また、「ログ閲覧」画面でも、設定した優先順位ごとにアラートログが
色分け表示されるので、ログの詳細を素早く確認し、該当クライアントPCの
使用者に状況を確認するなどの対応が迅速に行えます。