組織の情報を守る
情報漏洩対策
"体験"セミナー

情報システム部門の
ご担当者様向けのセミナーです。

社員の内部不正や不注意による紛失などの内部リスク。標的型攻撃をはじめとする外部リスク。企業・団体が管理するPCに対する脅威は年々増加しています。本セミナーでは、最新の「SKYSEA Client View」を利用したクライアントPCの情報漏洩対策を、実機操作を交えてご体験いただけます。

主なセミナー内容
標的型攻撃に備えてマルウェアの挙動を把握・対応したい
TCP/IP通信のログを取得し、マルウェアによる外部への不審な通信がないかをチェック。実行された不正なアプリケーションの起動元プロセス(ファイルパス、ハッシュ値など)やコマンドプロンプトで実行されたコマンドのログも取得。これらログの閲覧方法などをご紹介します。
マイナンバーの漏洩リスクを軽減したい
ポリシーに反するPC操作を自動録画(マイナンバーを取り扱うPCなどスタンドアロン端末にも対応)。業務で使用するシステムでの不審なアカウント追加や削除、他人のアカウントによる「なりすましログイン」がないかをログでチェック。セミナーでは、これら機能の操作方法などをご紹介します。
どのようなPC操作がされているか、把握したい
「いつ」「誰が」「何をしたのか」、クライアントPCの操作をログとして管理。収集可能な15種類のログから、よく活用されるログの閲覧方法をご紹介します。
USBメモリなど記憶媒体の使用状況を把握、管理したい
さまざまなデバイス / メディアを徹底管理。利用権限の設定から棚卸までを一貫してサポートし、情報漏洩のリスクを軽減。台帳登録、利用制限の設定方法などをご体験いただけます。
組織で使用されているPCなどのIT機器を把握したい
情報漏洩対策に重要なのは、まずは組織内にあるIT機器をすべて把握すること。PCやサーバーなどのハードウェアや、ソフトウェアなどの資産情報を自動収集。資産情報の確認方法などをご紹介します。
OSやソフトウェアの脆弱性を把握した際、いち早く対応したい
セキュリティパッチが各PCに適用されているか、一覧で表示。適用されていないPCに対しては、一斉配布が可能(緊急性の高い更新プログラムを優先的に強制実行することも可能)。セミナーでは、実際の配布作業をご体験いただきます。
POINT
  • お1人様1台の実機をご用意
  • 最新バージョンをご紹介
  • 「SKYSEA Client View」でできる情報漏洩対策のポイントをご紹介
開催日程
  • ご検討中のお客様向け
  • ご利用中のユーザー様向け

大阪会場Sky株式会社 大阪 セミナールーム

会場地図はこちら
  • ご検討中のお客様向け
  • ご利用中のユーザー様向け
【定員:各回22名】
対象 開催日 開催時間 受付状況
  2018年3月9日(金) 13時00分 【受付 12:30〜 終了 17:00】

ハンズオンセミナーに関する
お問い合わせ先

Sky株式会社 ICTソリューション事業部
販促企画部 「SKYSEA Client View」セミナー係
tel:06-4807-6374
mail:メールからのお問い合わせ
トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み