05,

記録装置と記録装置のためのプログラム

【出願日:2007年4月23日/出願番号:特願2007−113379】
【登録日:2007年7月27日/登録番号:特許第3989530号】

目的

操作画面をキャプチャして得られるキャプチャ画像を記録するときに、そのキャプチャ画像再生時におけるマウスカーソルの動きを視認しやすいように記録すること。

技術概要

クライアント端末の操作画面をキャプチャして記録するシステムにおいて、操作画面のキャプチャ画像とマウスカーソルの位置情報を別々に入力する。そして、マウスカーソルが一定距離を進む毎にキャプチャ画像を記録する。これによって、マウス操作の動きと連動した操作画面の保存を行うことができる。その録画データを使用することにより、所定時間内におけるマウスカーソルの移動距離を一定となるようにして再生することが可能となる。つまり、実際はマウスカーソルの動きが不規則であったとしても、キャプチャ画像再生時にはマウスカーソルの速度を一定にして再生することができるため、視認が容易となる。

イメージ図

ページのトップへ
「SKYSEA Client View」導入相談カフェ「SKYSEA Client View」導入相談カフェ
「SKYSEA Client View」導入相談カフェ