08,

ファイル暗号管理システムとそのシステムを実施する方法

【出願日:2007年3月7日/出願番号:特願2007−057201】
【登録日:2007年8月17日/登録番号:特許第4000183号】

目的

各端末に予め暗号鍵を登録しておく必要なしに、電子メールに含まれるファイルに暗号をかけて送信し、受信先で暗号鍵を問い合わせることなく復号させるファイル暗号管理技術を提供すること。

技術概要

端末が添付ファイルを含む電子メールを送信する際に、暗号管理装置から電子メールの送信先の端末固有コードを暗号鍵生成種とした暗号鍵を取得する。送信元の端末は、この暗号管理装置から取得した暗号鍵を用いて添付ファイルを暗号化し電子メールを送信する。そして、送信先端末(受信した端末)は、電子メールに含まれる添付ファイルを、自己の保有するの端末固有コードに基づいて復号鍵を生成し復号する技術である。これによって、電子メールを受信した端末は復号鍵の情報を暗号化管理装置もしくは送信元端末に問い合わせることなく、自己の端末内でのみ復号鍵を生成することができるため、秘匿性の高い電子メールに添付したファイルの送受信を行うことができる。

イメージ図

ページのトップへ
オンラインデモお申込みはこちらオンラインデモお申込みはこちら
オンラインデモお申込みはこちら