12,

誤操作判定システム

【出願日:2007年6月18日/出願番号:特願2007−160758】
【登録日:2007年12月21日/登録番号:特許第4057045号】

目的

クライアント端末で行われた一連の操作において、誤操作の可能性を判断すること。

技術概要

クライアント端末で行われた操作を、操作ログ情報として保存する。保存されている操作ログ情報と、一連の操作(操作類型情報)におけるトリガとなる操作を検出すると、その操作に対応する一連の操作(始点から終点まで)の操作ログ情報を抽出する。その抽出した操作ログ情報に基づいて、誤操作の可能性を判断する。これによって、管理者などがそれを把握することができる。

イメージ図

ページのトップへ
オンラインデモお申込みはこちらオンラインデモお申込みはこちら
オンラインデモお申込みはこちら