19,

アクセス権限制御システム

【出願日:2007年6月28日/出願番号:特願2007−170200】
【登録日:2008年5月9日/登録番号:特許第4122042号】

目的

予めファイル毎にアクセス権限を設定することなく、ユーザがファイルへアクセスした際に、アクセス権限を操作ログ情報を参照することで、アクセス権限制御を行うこと。

技術概要

ファイルの作成日時または最新の更新日時とユーザが行ったファイルの操作ログ情報に含まれる作成日時または最新日時とを比較し、その比較結果が一致しているか否かによって、アクセス権限の判定を行い、判定結果を通知する技術を提供する。これによって、作成・編集された各ファイルにアクセス権限レベルをいちいち設定する必要がなく、ファイルへのアクセス制御を行うことができ、高い利便性を提供することができる。
(特許第4005120号 分割)

ページのトップへ
オンラインデモお申込みはこちらオンラインデモお申込みはこちら
オンラインデモお申込みはこちら