24,

クライアント端末監視システム

【出願日:2007年8月22日/出願番号:特願2007−324292】
【登録日:2008年6月13日/登録番号:特許第4138859号】

目的

クライアント端末で行われた操作において、操作者のプライバシーを保護しながら監視すること。

技術概要

クライアント端末で表示している画面情報と操作ログ情報を取得する。操作ログ情報の操作内容が、予め定められた特定操作(例えば不正につながる操作など)であるかを判定する。判定結果が特定操作と判定した場合には画面情報を所定の表示装置で表示させ、特定操作ではないと判定した場合には、画面情報を消去する。これによって、操作監視と操作者のプライバシーの保護とを両立させることができる。

ページのトップへ
オンラインデモお申込みはこちらオンラインデモお申込みはこちら
オンラインデモお申込みはこちら