28,

ネットワーク管理システム及びネットワーク管理用プログラム

【出願日:2007年4月27日/出願番号:特願2007−119399】
【登録日:2008年8月1日/登録番号:特許第4164114号】

目的

通信端末上でユーザが不適切な操作などを行った際に、通信端末の操作状況を、管理部端末のモニタで容易に把握すること。

技術概要

通信端末の操作状況が、通信ネットワークを介して接続されている管理部のモニタに表示するシステムにおいて、通信端末の操作情報に基づき、情報ファイルに対するアクセスを判断すると、その通信端末を操作する者の権限レベルと、情報ファイルの管理レベルと、情報ファイルに対する操作レベルとのいずれか一に基づいて、操作リスクを算出する。その操作リスクが、予め設定された閾値を超えた際、管理部のモニタで表示している通信端末の操作状況の表示サイズを、他の通常端末より大きく表示する。これによって、不適切な操作が行われた際に、その操作を管理部のモニタで容易に把握することができる。


ページのトップへ
オンラインデモお申込みはこちらオンラインデモお申込みはこちら
オンラインデモお申込みはこちら