52,

ユーザ操作支援システム及び支援方法、並びにユーザ操作支援プログラム

【出願日:2006年10月5日/出願番号:特願2006-274287】
【登録日:2010年5月21日/登録番号:特許第4513795号】

目的

ユーザ操作支援の際に、一部のユーザの操作が遅れた場合に、効率的な復旧作業、及び効率的な復旧後の操作支援の続行が可能となるユーザ操作支援技術を提供すること。

技術概要

支援コンピュータが、ユーザコンピュータへのリアルタイム送信済みの操作情報と各ユーザコンピュータのユーザ操作情報とを比較することで、支援コンピュータの操作に各ユーザコンピュータの操作がついてきているかどうかを判定し、ついてきていなければそのユーザコンピュータへのリアルタイム送信を停止する。停止直前の情報を記憶しておき、復旧後のユーザコンピュータから直前情報と同じユーザ操作情報を受信することにより、復旧できたことを判断し、即座に直前情報以降の操作情報を送信して操作サポートを再開する。これにより、ユーザコンピュータの復旧作業及び復旧後の支援が効率的に実施できる。

ページのトップへ
「SKYSEA Client View」導入相談カフェ「SKYSEA Client View」導入相談カフェ
「SKYSEA Client View」導入相談カフェ