72,

プログラム自動更新システム

【出願日:2006年3月28日/出願番号:特願2006-087350】
【登録日:2011年3月11日/登録番号:特許第4697001号】

目的

ソフトウエアの更新プログラムをインストールしたときに、更新プログラムのインストールによる障害の発生を少なくすること。

技術概要

プログラム自動更新システムにおいて、第一段階で、メモリ容量、ハードディスク容量、常駐プログラム稼動数のいずれかが最大または最小である所定台数のクライアントをサーバが選択し、選択されたクライアントはその更新プログラムをインストールする(第1インストール)。次に第二段階で、第1インストールを行ったクライアントにおけるインストール前後のエラーデータやエラー回数に基づいて、第1インストールを行っていないクライアントの中から更新プログラムのインストールを行うクライアントをサーバが選択し、選択されたクライアントはその更新プログラムをインストールする。これによって、ソフトウエアの更新プログラムの段階的なインストールが可能となり、インストールによる障害の発生を少なくすることができる。

ページのトップへ
「SKYSEA Client View」導入相談カフェ「SKYSEA Client View」導入相談カフェ
「SKYSEA Client View」導入相談カフェ