74,

ウィルス被害範囲予測システム

【出願日:2008年1月25日/出願番号:特願2008-015226】
【登録日:2011年3月18日/登録番号:特許第4705961号】

目的

コンピュータウィルスが感染した場合にその被害範囲を予測すること。

技術概要

クライアント端末がコンピュータウィルスに感染した際に、管理者端末は、まず感染したクライアント端末(感染した端末)からウィルスを検出したことを示す情報を取得する。そして、その感染した端末の操作ログ情報に基づいて、感染した端末に記憶しているファイルや、感染した端末がアクセスしたファイルにアクセスしたクライアント端末を特定する。これによって、コンピュータウィルスの感染による被害範囲を予測することができる。

ページのトップへ
オンラインデモお申込みはこちらオンラインデモお申込みはこちら
オンラインデモお申込みはこちら