75,

データ機密制御システム

【出願日:2007年7月23日/出願番号:特願2008-027196】
【登録日:2011年3月18日/登録番号:特許第4705962号】

目的

コンピュータ端末における操作ログ情報を用いてデータの貼り付けを制御すること。

技術概要

操作ログ情報に含まれる操作内容を用いて、データの貼り付け先を特定する操作を示す想定操作であるかを判定し、想定操作である場合、貼り付け先ファイルのファイル識別情報と、貼り付け元ファイルのファイル識別情報を特定する。その特定したファイル識別情報に基づいて、貼り付け元と貼り付け先のそれぞれのファイルの機密レベルを取得して比較し、その比較結果に応じて貼り付けに関する制御を行う。(上記貼り付け先を、アプリケーションに代えても同様の制御を行うことができる) これによって、貼り付け元のデータがそれよりも低い機密レベルの貼り付け先に貼り付けされることを防止できるため、ユーザがデータの機密レベルを意識しなくてもよくなり、またユーザの貼り付けによるデータ流出の可能性を減らすことができる。

ページのトップへ
オンラインデモお申込みはこちらオンラインデモお申込みはこちら
オンラインデモお申込みはこちら