81,

ネットワーク管理システム及びネットワーク管理プログラム

【出願日:2007年4月27日/出願番号:特願2008-182851】
【登録日:2011年9月16日/登録番号:特許第4825245号】

目的

通信ネットワークに接続する複数の通信端末で危険性がある一連の操作が行われたことを管理モニタにおいて的確に把握すること。

技術概要

管理サーバにおいて、設定期間内に通信端末で行われた、ファイルに対する所定の連続する一連操作の操作ログからそれぞれの操作リスクを取得する。取得した操作リスクに基づき連続する一連操作の過程に対する統合操作リスクを算出し、その統合操作リスクに応じて、管理モニタに表示している通信端末の操作画面を所定のサイズで表示する。
これによって、通信ネットワークに接続している通信端末において危険性のある一連の操作が行われたことを的確に把握できる。

ページのトップへ
オンラインデモお申込みはこちらオンラインデモお申込みはこちら
オンラインデモお申込みはこちら