85,

ソフトウエア管理システム及びソフトウエア管理プログラム

【出願日:2007年10月22日/出願番号:特願2007-274215】
【登録日:2012年2月10日/登録番号:特許第4919511号】

目的

必要性が低いバージョンのソフトウエアの使用を抑制すること。

技術概要

管理サーバと複数の通信端末とが接続している通信ネットワーク環境において、管理サーバは、まず所定のソフトウエアの個別利用端末数(通信端末へのバージョン毎のインストール数)と総利用端末数(通信端末への総インストール数)を取得する。総利用端末数に対する個別利用端末数の比率が所定の設定値を超えた場合、その超えたバージョンの使用を推奨する推奨情報を通信端末に通知する。
このように推奨バージョンを通知することで、必要性が低いバージョンのソフトウエアの使用を抑制することができる。

ページのトップへ
オンラインデモお申込みはこちらオンラインデモお申込みはこちら
オンラインデモお申込みはこちら