101,

棚卸支援システム及び棚卸支援プログラム

【出願日:2009年8月6日/出願番号:特願2009-183169】
【登録日:2013年3月1日/登録番号:特許第5208880号】

目的

外部接続機器の使用状況に応じて棚卸の必要性を判定することによって、棚卸を支援するシステムを提供すること。

技術概要

本システムの管理サーバは、ネットワークに接続して使用されている端末から、外部接続機器が着脱されたことを示す着脱情報を取得し、取得した着脱情報から、特定の外部接続機器について、所定時間内における使用状況を示す使用情報を生成する。そして、生成した使用情報から、その外部接続機器について棚卸の必要性があるかどうかを判定する。これにより、棚卸を行う必要性のある外部接続機器を自動的に判定できるため、棚卸に関する作業者の負担を軽減することができる。

ページのトップへ
オンラインデモお申込みはこちらオンラインデモお申込みはこちら
オンラインデモお申込みはこちら