103,

外部接続機器制御システム及び外部接続機器制御プログラム

【出願日:2009年10月30日/出願番号:特願2009-249954】
【登録日:2013年5月2日/登録番号:特許第5261348号】

目的

コンピュータ端末で使用される外部接続機器に対し、ユーザにおける必要以上の使用行為を制限するシステムを提供すること。

技術概要

端末と管理サーバとで構成される外部接続機器制御システムであって、管理サーバは、ネットワークに接続して使用されている端末から、端末において外部接続機器が着脱されたことを示す着脱情報を取得する。つぎに、取得した着脱情報から、ユーザの当該外部接続機器に対する操作が、以前から継続して行われている一連の操作かどうかを判定する。そして、この操作の継続性の判定結果に基づいて、当該ユーザが当該外部接続機器を使用することができる範囲を決定する。これによって、外部接続機器に対する使用が許可されたユーザにおける必要以上の使用行為を制限することができる。

ページのトップへ
「SKYSEA Client View」導入相談カフェ「SKYSEA Client View」導入相談カフェ
「SKYSEA Client View」導入相談カフェ