122,

操作監視システム及び操作監視プログラム

【出願日:2008年12月8日/出願番号:特願2013-078377】
【登録日:2014年12月26日/登録番号:特許第5668255号】

目的

複数の端末が接続された操作監視システムにおいて、予め監視する操作の内容を設定することなく、クライアント端末におけるWebページ閲覧操作を監視するシステムを提供することを目的とする。

技術概要

本発明の操作監視システムは、各々のクライアント端末におけるWebページ閲覧操作に関する情報(日時情報とWeb閲覧実行アプリケーション情報を含む)を操作ログ情報として取得する。次に、個々のクライアント端末のWebページ閲覧時間を、Web閲覧実行アプリケーションの操作ログ情報に基づき、任意のWebページから別のWebページの閲覧に移るまでの時間差を用いて算出する。そして、一のクライアント端末のWeb閲覧時間と、所定の集合に属する複数のクライアント端末のWeb閲覧時間とを比較することにより、特異な操作(例えば、長時間に渡るWeb閲覧)を判定する。これにより、予め監視する操作の内容を設定せずとも、特異な操作を検出し、当該操作を実行している端末を特定することが可能となる。

ページのトップへ
「SKYSEA Client View」導入相談カフェ「SKYSEA Client View」導入相談カフェ
「SKYSEA Client View」導入相談カフェ