123,

業務管理システムおよび業務管理プログラム

【出願日:2010年7月23日/出願番号:特願2010-166294】
【登録日:2015年2月20日/登録番号:特許第5697917号】

目的

端末を使用するユーザの就労時間を管理する業務管理システムにおいて、ユーザの作業時間と忙しさに応じて、不要な残業時間を減らすよう操作制御するシステムを提供する。

技術概要

本発明の操作監視システムは、端末の使用開始時刻と現在時刻とから就業時間を算出し、その就業時間とあらかじめ定められた所定の業務時間とを比較し、業務時間外就労が必要かどうかを繰り返し判定する。次に、端末に対するユーザの操作情報を取得し、ユーザの作業の忙しさ(忙閑度)を算出する。そして、業務時間外就労が必要と判断された時点の忙閑度が小さいほど、操作禁止事項が増えるように操作制御を実行する。これにより、不要な業務時間外就労(忙しくないのに残業する行為)を抑制するシステムを提供することができる。

ページのトップへ
オンラインデモお申込みはこちらオンラインデモお申込みはこちら
オンラインデモお申込みはこちら