125,

教育支援システムおよび教育支援プログラム

【出願日:2012年12月27日/出願番号:特願2012-283341】
【登録日:2017年4月14日/登録番号:特許第6123108号】

目的

ネットワークに接続された複数の通信端末の画面に表示されている内容を特定の端末の画面上に一覧表示するシステムにおいて、通信端末を利用する学習者の授業への参加状態に応じて、一覧表示の形式を変更することができる教育支援技術を提供する。

技術概要

本発明の教育支援システムは、学習者用通信端末(学習者端末)と教員用通信端末(教員端末)とがネットワーク上の管理サーバを介して通信するシステムである。
管理サーバは、まず、ネットワークに接続されている学習者端末のマーキング情報を収集する。なお、マーキング情報とは、学習者端末がディスプレイの表示画像に対してマーキング操作(描画・文字入力など)の内容を示す情報のことをいう。次に、管理サーバは、収集したマーキング情報を解析し、マーキング操作の回数などに応じて、学習者端末を操作する学習者の意欲を算出する。そして、管理サーバは、算出した個々の学習者の意欲度に関する情報(学習者のアイコンの大小、順列、強調表示)を、ネットワークに接続している教員端末に配信し、表示させる。
これにより、授業を実施する教員にとって、授業に参加する学習者の意欲を把握しやすいシステムを提供することができる。

ページのトップへ
「SKYSEA Client View」導入相談カフェ「SKYSEA Client View」導入相談カフェ
「SKYSEA Client View」導入相談カフェ